【三軒茶屋駅】手足のしびれ・神経痛なら

アールカイロプラクティックセンター

〒154-0011 東京都世田谷区上馬5-35-25 JLBグランエクリュ三軒茶屋601号室
(東急田園都市線 三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩13分)

お気軽にお問合せください
電話受付
平日10:00~19:00/土曜9:00~18:00
[金曜・日曜・祝日・12/30~1/3除く]

ご予約・お問合せはこちら

03-3414-7206
友だち追加

肘部管症候群の原因と治療

『小指と薬指の指先~手首がしびれる」

「指がまっすぐに伸ばせない」

「肘が完全に曲がらず、曲げ続けると手がしびれる」]

などの症状がある場合は、『肘部管(ちゅうぶかん)症候群』の可能性があります。

 

肘部管症候群とは、どのような状態のことをいい、どのような症状があり、何が原因で起こるかを解説し、それに対する病院などの治療と、当院の治療の違いを説明します。

どなたにでもわかるよう専門用語はできるかぎり使わず、写真と解剖図を使って解説します。

肘部管とは

肘頭と上腕骨内側上顆と内側側副靱帯
※画像は右手を小指側から見たもの

尺側手根屈筋
※画像は右手を小指側から見たもの

肘の先端(肘頭:ちゅうとう)と肘の内側にある骨の出っ張り(上腕骨内側上顆:じょうわんこつないそくじょうか)、そしてその二つの骨をつなぐ内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)と尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)に囲まれたトンネル(管)を肘部管(ちゅうぶかん)といい、尺骨(しゃっこつ)神経がその狭いトンネル内を通っています。

机の角などに肘をぶつけると指先にしびれが走る所です。

肘部管症候群とは

尺骨神経(黄)

肘部管と尺骨神経(黄)
内が圧迫される所

首の骨(頸椎:けいつい)の間から出た尺骨神経は、わきの下と肘の内側を通り、小指と薬指の指先までつながります。
(※一部親指の付け根にもつながります。)

この尺骨神経が圧迫されたり、締め付けられたりして起こる尺骨神経の絞扼(こうやく)障害を総称して『尺骨神経症候群』といい、『肘部管症候群』は、尺骨神経が肘部管内で圧迫されて起こります。

ちなみに、手首で圧迫されるとギヨン管症候群と呼ばれます。

肘部管症候群の症状

しびれや痛みは、小指と薬指の指先~手の平または手の甲に出て、肘が完全に曲げられず、曲げ続けると症状が増強します。

悪化すると、小指や親指の付け根の筋肉が痩せて、平べったくなったり、へこんで見えるようになります。(=筋萎縮:きんいしゅく)

小指と薬指が曲がったまま伸びにくくなったり、指同士がつかなくなったりして、顔を洗う時などに手で水がすくえなくなることがあります。

また、親指の挟む力が弱まり、箸やペンがうまく使えなくなることもあります。

肘部管症候群の原因

骨折やリウマチによる変形、ガングリオンなどで起こることもありますが、ほとんどの場合は、加齢や使い過ぎによる肘の骨の変形(骨棘形成:こっきょくけいせい)や頬杖、肘を曲げて手を枕代わりに寝ることなどが原因だと言われます。

※ガングリオンとは、
中にゼリー状の物質が詰まったしこりや瘤(こぶ)のことで、米粒大位の大きさからピンポン玉位の大きさにまでなる
ものがあり、
硬かったり軟らかかったりします。

 

しかし、同じように肘を酷使する運動や仕事(例えば野球やテニス、ゴルフ、大工 など)をしている人や同じくらいの年齢の人でも、肘部管症候群になる人とならない人がいますが、その違いは何でしょう。

実際に肘部管症候群と診断された方のほとんどに、ある共通点がみつかります。

それは,間違った体の使い方や習慣、悪い姿勢ももちろんですが、一番の問題は『栄養不足』です。

仮に運動や仕事で酷使したり,間違った体の使い方や習慣、悪い姿勢で負担を掛けたとしても、通常なら休ませれば、上腕骨内側上顆に付く筋肉や靭帯は回復するはずなのに、なかなか回復できなかった結果、骨膜を引っ張って骨棘を作ったり、肘部管を狭めてしまうほど悪くなっているとすると、回復できなかった原因として栄養不足が考えられます。

栄養を十分に摂れていなかったり、十分に摂れていても体内で消化、吸収され、筋肉や靭帯で使える形に変換されて(=代謝)から問題を起こしている筋肉や靭帯に運ばれ(=運搬)、その過程で出た老廃物を体外に排泄する、消化⇒吸収⇒代謝⇒運搬⇒排泄という一連の流れが全てうまくいっていないと、問題を起こしている筋肉や靭帯は元の正常な状態には戻れません。

もちろん圧迫され続けた尺骨神経が元の正常な状態に戻るためにも栄養が必要です。

このような場合は、『栄養不足』を改善しないと、肘部管症候群はなかなか良くなりません。

肘部管症候群の治療

病院では、消炎鎮痛剤や神経に効くビタミン剤、神経再生薬が処方され、痛みが強い場合は、ステロイド注射を勧められます。

それでも改善しなかったり、日常生活に支障をきたす場合には、手術が行なわれるようです。

他の治療院ではほどんどの場合、尺側手根屈筋に対してマッサージやストレッチ、電気による治療が行なわれます。
 

当院では、まず痛みやしびれに対する治療を行ない、改善を図ります。

①内側側副靭帯と尺側手根屈筋、そして尺側手根屈筋の機能不全に関わる筋肉や筋膜に筋・筋膜スラッキング療法とキネシオテーピング療法を行ない、肘部管を元の正常な状態に戻して、圧迫されている神経やを解放します。

その際必要に応じて、尺側手根屈筋の機能不全に関わる頸椎(けいつい)の歪みをみつけて矯正します。
 
②栄養療法により、肘部管や尺骨神経が元の正常な状態に戻りやすくなるよう食生活を見直し、実践していただきます。

病院で出されるビタミン剤は主にビタミンB12ですが、ビタミンB12を体が適切に使うためには単体でなく、他のミネラルが必要です。

そもそもビタミンB12には、神経の健康を維持する効果しかないので、神経を修復するためには他の栄養素が必要になります。

最新機器による姿勢分析とその他の検査によって全身の状態を確認し、間違った体の使い方や習慣、悪い姿勢に関わる筋肉と筋膜の問題、背骨や骨盤の歪みをみつけて治療することで肘部管症候群を元から絶ち、その後の再発の予防はもちろんのこと、機能回復も早期に実現します。

 

肘部管症候群は正しい見立てと適切な施術を受ければ、改善が期待できます。
 

薬や注射などの病院の治療は、今見えている症状に対することに関しては、迅速で強力な効果があります。


しかし、薬や注射などで症状を見えなくすることは、その症状の自然な経過を妨げ、本人が自ら治そうとする力を発揮する機会を妨げることになります。

また、なぜそのような症状が出てきたのかという症状の本質が見えなくなり、根本的な解決につながらなくなります。

肘部管症候群の治療を受けていても、症状があまり変わらなかったり悪化しているようなら、その治療が合っていないか、他の原因(例えば、頚椎椎間板ヘルニア四辺形間隙症候群など)と合併して起こっている可能性があります。

 

もしも、あなたが手のしびれや痛みからできるだけ早く解放されたいのであれば、なるべく早く来院することを
オススメします。

 

もしも以下のようなお悩みがあれば、当院にお任せください。

✅小指と薬指がしびれたり、感覚が鈍い。
✅ 肘を曲げるとしびれや痛みが悪化する。
✅肘が完全に曲がらない。
✅小指が曲がってうまく伸びない。
✅小指の付け根の筋肉が反対の手と比べて痩せている。
✅痛みやしびれがだんだんと悪化している。
✅病院で頚椎症と診断されたが治療を受けても良くならない。
✅病院で年のせいだと言われ、大した治療をしてもらえない。
✅レントゲンやMRIでは異常なし。でも手がしびれる。
✅マッサージでごまかしているが、根本的に治したい。
✅痛み止めの薬や湿布では一向に良くならない。
✅何院回っても良くならない。
✅もう良くならないと諦めている 。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。

著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは堅くお断りいたします。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

03-3414-7206

フォームでのお問合せ、LINE、WEBからのご予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

友だち追加

新着情報

2020/06/21
「アールカイロの治療」ページを公開しました
2020/06/10
新ホームページを公開しました

アクセス・受付時間

住所・アクセス

〒154-0011
東京都世田谷区上馬5-35-25
JLBグランエクリュ三軒茶屋601号室

東急田園都市線 三軒茶屋駅世田谷通り口より徒歩13分

営業時間
 
午前 × ×
午後 × ×

平日10:00~20:00/土曜9:00~19:00

定休日

金曜・日曜・祝日・12/30~1/3

※LINE、フォームからのお問合せ、ご予約は24時間受付しております。

院長ごあいさつ

菊池 竜

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

院長プロフィールはこちら