こちらではありませんか?→『肩甲骨内側の痛みとその治療

 

「上を向くと首の付け根が痛い」
「背中の真ん中(背骨)が痛い」
「壁に寄りかかると骨が当たって痛い」
などの症状がある場合は、『椎間関節症(ついかんかんせつしょう)』
の可能性があります。

椎間関節症とは、どのような状態のことをいい、どのような症状があり、
何が原因で起こるかを解説し、それに対して一般的に病院などで
行なわれる治療と当院で行なっている治療の違いを説明します。
どなたにでもわかるよう専門用語はできるかぎり使わず、
写真と解剖図を使って解説します。


*スマートフォンでは、横向き画面で

ご覧いただくことを推奨しております。

椎間関節とは

脊柱 脊柱(彎曲)
↑左:後から見た背骨/右:横(左側)から見た背骨

背骨(脊柱:せきちゅう)は、上の図のように頸椎(けいつい)が7個、
胸椎(きょうつい)が12個、腰椎(ようつい)が5個、合計24個の
椎骨(ついこつ)が連なっています。

椎骨各部(後) 椎骨各部(横)
↑左:後から見た椎骨/右:横(左側)から見た椎骨

椎骨と椎骨が連結する所が、椎間関節(ついかんかんせつ)です。
この関節があるおかげで背骨は、前に曲げたり、後ろに伸ばしたり、
左右に曲げたり、捻ったりすることができます。

椎間関節症とは

椎間関節を固定している靱帯(関節包:かんせつほう)が、
背骨を伸ばしたり捻ったりした時に挟みこまれてしまったり、
椎間関節にある軟骨(なんこつ)がすり減ってしまったりして、
痛みや炎症を起こした状態を『椎間関節症(ついかんかんせつしょう)』
といいます。
痛みや炎症を起こしているのが、
首(頸椎:けいつい)の場合は「頸椎椎間関節症」、
背中(胸椎:きょうつい)の場合は「胸椎椎間関節症」、
腰(腰椎:ようつい)の場合は「腰椎椎間関節症」
と呼ばれます。

〔椎間関節症の症状〕

椎骨(側屈) 椎骨(伸展
↑左:後から見た椎骨(背骨を右に曲げた時)
 右:横(左側)から見た椎骨(背骨を後ろに反らした時)

椎間関節(内)で炎症を起こしていると、上の写真のように
炎症を起こしている側に背骨を曲げたり、背骨を後ろに反らした時に
背骨や背骨のすぐ横に痛みや違和感(重苦しい感じ、つまった感じなど)
が出ます。
そのため、上を向いたり、寝返りをうつなど身体を動かす時には
症状があっても、安静にしているとあまり気にならないという場合が多いです。
しかし悪化すると、じっとしている時や夜寝ている時、咳やくしゃみ、深呼吸を
する時にも痛むようになります。
背骨を押したり、触ったりすると痛むので、壁に寄りかかったり、
硬い床に寝そべったりした時に背骨が当たって痛いという方もいます。
また、椎間関節の刺激が、神経を通じて患部以外の所に痛みとして出た場合を
関連痛といいますが、頸椎では背中や肩に、胸椎では胸や肩甲骨周辺に、
腰椎ではお腹やお尻の方に関連痛が出る場合もあります。

〔椎間関節症の原因〕

重い物を持ち上げたり、背骨を急に伸ばしたり、左右に曲げたり捻ったりした時に
椎間関節に過度の負担が加わったことが原因になり、痛みや炎症を起こしますが、
ほとんどの場合はそれ以前に、だらしない姿勢や“間違った”身体の使い方によって
背骨や骨盤が歪んでしまい、靱帯(関節包)が挟みこまれやすくなっていたり、
軟骨がすり減ってしまっていたりします。
病院では加齢で軟骨がすり減っているからと言われる場合もあるようですが、
加齢が原因であれば、すべての椎間関節が均等にすり減り、
同じように炎症や痛みが起こるはずです。
しかし、左右どちらか一方だけであったり、1か所だけに痛みや炎症が起こる
ということは、そこに何らかの原因(=身体の歪み)による負担が
掛かりやすくなっていたと考えられます。

KaalLSqySSYsiu11442482696_1442482699 

〔椎間関節症の治療〕

一般的に病院で行なわれる治療は、消炎鎮痛剤が処方され、
牽引(けんいん)やマッサージ、電気による治療が行われます。
痛みが強い場合は、ブロック注射を行なう場合もあるようです。
ブロック注射とは、
痛みやしびれをもたらしている神経や椎間関節の障害部分に
局所麻酔を直接注射し、神経を遮断することで痛みやしびれを抑えます。
神経に注射をするので、激しい痛みを伴います。
持続時間には個人差があり、打った時だけしか効かない人もいれば、
1週間くらい持続する人もいるようです。

当院の治療は、
まず、患部に対する治療を行ない、症状を改善します。
 ①痛みや炎症を起こしている椎間関節をみつけ、そこに診られる背骨の歪み
  矯正して、靱帯(関節包)や軟骨を解放します。
 ②矯正した後も痛みが残る場合には、痛みや炎症を抑えるための
  キネシオテーピング療法を行ないます。
 ③筋スラッキング療法とキネシオテーピング療法により、
  ①の歪みに関与する筋肉や筋膜を元の正常な状態に戻して、
  背骨を矯正後の正常な状態で維持できるようにします。
次に、全身を診て①の歪みに関連する背骨の歪みや骨盤の歪みを治療して、
  身体が本来あるべき正常な状態に戻し、その状態を維持できるようにします。

ほとんどの方は、1回の治療で症状が気にならなくなります。

椎間関節症は、正しい診たてと適切な治療をすれば、ちゃんと治ります。
治療を受けていても、症状があまり変わらなかったり、悪化しているようなら、
その治療が合っていないか他の原因と合併して起こっている可能性もあります。

もしも、あなたがその症状からできるだけ早く解放されたいのであれば、
なるべく早く来院することをオススメします。

当院は予約制ですので、必ず事前に03-3414-7206までお電話ください。
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。