三軒茶屋のアールカイロプラクティックセンターは、身体に負担を掛けない施術により、さまざまなお悩みを原因から改善します。施術実績20年、累計8万人の施術をしてきた確かな技術であなたの悩みを解決します。

当院で行なっている検査について

  • HOME »
  • 当院で行なっている検査について

IMG_0763

 

 

 

 

 

 

当院では「身体に起こるさまざまな問題には必ず
その原因があり、そしてその答えは常にその人の
中にある」と考え、検査を重視しています。

病院でレントゲンやMRIにより診断されていても、
実際にその問題を起こしている原因は別にあった
というケースが意外に多いので、病院での診断は
参考程度にしています。来院された時に改めて
必要な検査を行ないますので、病院での検査と
重複する場合でもご協力ください。

①カウンセリング

起こっている問題について具体的にうかがいます。
いつから? きっかけは? どんな時に気になる?
だけでなく、過去の病歴や受傷歴、
生活習慣(仕事や趣味、運動)なども
できるだけ詳しく教えてください。

②目で見る

気になる所に皮膚の変色(充血や内出血など)、
腫れ、むくみ、筋肉の張り、内側からの圧力による
盛り上がりなどがないか、目で見て確認します。

③触る

気になる所とその周辺の骨(関節)、筋肉、筋膜、
皮膚、靱帯を実際に手で触れて、圧痛、動き、熱感、
潰れ、張り、腫れなどを確認します。

④筋肉テスト

筋力、痛み、反応速度、不安定感などを確認して、
左右または正常な状態と比較します。
例えば、気になる所に付く筋肉がいくつかあったり、
関節を同じように動かす筋肉がいくつかある場合、
その中から問題のある筋肉を特定するために
行ないます。

⑤関節可動域検査

関節を動かした時に痛みがないか、
もしくは変化(悪化や緩和)がないか、
可動域が減少していないか、している場合は
骨(関節)に問題があるか、筋肉に問題があるか
などを確認します。
例えば前屈みになると腰が痛い場合:
前屈みになる時、腰椎(ようつい)はもちろんですが、
それ以外の背骨や仙腸関節、股関節も一緒に
動きます。
そのため腰椎だけでなく、それ以外の関節可動域に
問題があっても腰に負担が掛かるので、
当院では腰椎だけでなく、それ以外の背骨や
仙腸関節、股関節の関節可動域も確認しています。

⑥整形外科学検査

・問題の原因はどこにあるか
例えば手のしびれの場合:
首・腕の付け根・肘・手首のどこで神経や血管が
圧迫されているか
・何が傷んでその問題が起こっているか
例えば膝の痛みの場合:靱帯・半月板・膝蓋骨で、
何が傷んでいるかなどを知るために行ないます。

⑦姿勢分析  

立っている時や座っている時の姿勢を見て、
全身の状態を確認し、気になる所に負担を
掛けている原因をみつけます。

⑧スクリーニングテスト

キネシオテーピング療法独自の検査で、
全部で8種類あります。
上半身と下半身の表側と裏側の筋肉や筋膜の
伸縮障害などを確認します。
スクリーニングとは「ふるいにかける」という
意味で、全て行なうと全身のコンディションを
把握することができます。

○身体の状態や目的によって、
必要な検査や行なう順番は変わります。

※検査により、気になる問題が骨(関節)や
筋肉の問題によるものではなく、

血管や内臓の病気によるものが疑われる場合は、
施術を行なわずに
病院での精密検査を勧める場合も
あります。
この場合は、¥3,240(税込)のみ頂戴します。

 

必ず施術前後で比較し、
その変化で施術効果を確認します。

ご予約・お問い合わせはこちら TEL 03-3414-7206 電話受付(平日)9:00-19:00(土)8:00-18:00[金・日・祝日除く]

診療日カレンダー

友だち追加

ご予約やお問い合わせはLINEからもできます。

PAGETOP
Copyright © アールカイロプラクティックセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
テキストのコピーはできません。