手足のしびれや神経痛専門のカイロプラクティック院
院長ブログ

筋肉

下部僧帽筋(そうぼうきん)

僧帽筋の名前の由来は、左右合わせた形状(菱形)がカソリック僧の頭巾に似ていることからきています。

腸骨筋(ちょうこつきん)

腸骨筋は大腰筋(だいようきん)と併せて腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれることもあります。

梨状筋(りじょうきん)

梨状筋はお尻の分厚い筋肉の下に隠されている洋ナシのような形をした筋肉です。

上部僧帽筋(そうぼうきん)

僧帽筋の名前の由来は、左右合わせた形状(菱形)がカソリック僧の頭巾に似ていることからきています。

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

横を向いた時に浮き出る、首の中で最も目立つ筋肉です。

大腰筋(だいようきん)

大腰筋は腸骨筋(ちょうこつきん)と併せて腸腰筋(ちょうようきん)と 呼ばれることもあり、肉屋では「テンダーロイン」や 「フィレミニョン」という呼び名でおなじみです。

姿勢筋と動作筋について

筋肉は、その役割によって大きく2つに分けられます。1つは、重力に対抗して立つために使われる『姿勢筋』、もう1つは身体を動かすために使われる『動作筋』です。

« 1 2

友だち追加

ご予約やお問い合わせはLINEからもできます。

PAGETOP
Copyright © アールカイロプラクティックセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Don`t copy text!