12月9日(日)に当院で、私が講師を務める専門講座※
「腰椎椎間板障害の施術とキネシオテーピング」を
開催しました。

※専門講座とは、講師(CKTI:認定指導員)の
専門性や技術、職業などを活かしたオリジナルの
内容で開催するキネシオテーピング講座です。

講座チラシ2018.12.9

今回はこちらの都合で急に会場を変更したにも
関わらず、セラピスト、スポーツトレーナー、
テニスコーチで柔道整復師の学校に通っている学生
などさまざまな業種の方に受講していただきました。

前回同様、キネシオテーピング協会の会員に向けた
専門的な内容で、
 ①腰椎椎間板の解剖学
 ②腰椎椎間板障害について
 ③腰椎椎間板障害の診たてに必要な検査
 ・カウンセリングや視診・触診のポイント
 ・関節可動域検査
 ・整形外科学検査
 ・神経学検査(筋力、デルマトーム(皮膚感覚))
 ④SOTブロックを使用した骨盤矯正
 ⑤マッケンジーエクササイズについて
 ⑥腰椎椎間板障害に有効なキネシオテーピング法
について説明し、検査や施術は実際に体感して
もらったりしました。

IMG_2893

IMG_2894

IMG_2895

(受講生の声)
・テキストも解りやすく スペースもあり書き込み
 しやすい
・板書も的確で 無駄がない
・実技も受講者からモデルを選び 体験実感で
 身につけやすい
・模型や解剖写真で理解が深まる
・質問時間もあり 質問しやすい
・参加しやすい受講料
・少人数で質問もしやすくアットホームに受講できた
・解剖学的説明が詳かった

前回の反省点を活かして内容も一部見直したにも
関わらず、またしても終了時間が30分ほどオーバー
してしまいましたが、受講した皆さんには臨床で
すぐに役立つ知識や技術を習得していただけたのでは
ないかと思います。

今回は会場を当院にしたため、プロジェクターや
机、椅子などの設備がなく、床に座ってもらい、
ホワイトボードや写真、骨格模型などを駆使して
講義を行ないましたが、意外と好評だったので、
今後は少人数制にして当院で行なえば、丸一日休みに
せず、講座終了後でもご予約を受けられるように
できそうです。