40代 男性 会社員 3か月前から週1回空手を習っている

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

(既往歴)
3,4年前整形外科で首と腰の椎間板ヘルニアと診断され、
けん引とマッサージのため、週1回通院し続けている。

(主訴)

治療例60

2か月前、前屈のストレッチをしてから左のもも裏が張る。(上の図の内)
普通にしていれば気にならないが、空手の上段蹴りをした時とストレッチをした時に
右と違って左だけ張る。

週1回通院している整形外科ではもも裏の筋肉が硬いからだと言われ、
マッサージと電気の治療を受けているが、一向に良くならないため来院。

(検査)

触診により左ももの裏側には右と比べて明らかな張りがありましたが、
筋肉テストでは、ももの裏に付く筋肉には機能低下がみられず、
拮抗筋(きっこうきん ※真逆の働きをする筋肉)のうち大腰筋(だいようきん)と
腸骨筋(ちょうこつきん)には機能低下がみられました。

左大腰筋 左腸骨筋
↑左:前から見た大腰筋/右:前から見た腸骨筋

神経学検査のうち筋力検査では、足の親指を反らす筋力に右と比べて
明らかな低下がみられました。
その他、関節可動域検査や整形外科学検査の結果と併せたところ、
この男性の症状は、腰椎5番と骨盤の間の椎間板(ついかんばん)が圧迫され、
中にある髄核(ずいかく)が左側にはみ出して起こる『腰椎椎間板ヘルニア』による
坐骨神経(ざこつしんけいつう)の圧迫が原因である可能性が極めて高いという
診たてになりました。

(治療)

まず圧迫されてしまっている椎間板を解放するために、腰椎5番目の歪みと
骨盤の歪みを矯正し、はみ出してしまった髄核を元の正常な位置に戻すための
マッケンジーエクササイズを行なったところ、上段蹴りではもも裏が
ほんの少し張る程度になり、左足の親指の筋力は回復しました。
手技細胞組織移動テストによると機能低下がみられた筋肉を2つとも治療するより、
大腰筋だけを治療した方が腸骨筋も正常に機能できるようになることがわかったので、
大腰筋にキネシオテーピング療法を行なって再度上段蹴りしてもらうと、
もも裏の張りは全くなくなりました。

2か月経っている割には1度の施術でかなり症状が改善しましたが、
圧迫されていた椎間板が回復するまでに再び圧迫されてしまうと、症状が再発します。
日常生活での“間違った”姿勢や身体の使い方に合わせて歪んでしまった背骨の歪み
特に今回はできなかった背中(胸椎:きょうつい)と首(頸椎:けいつい)の矯正と、
歪みに関連する筋肉や筋膜も併せて治療すること、さらにご自宅での運動療法
(マッケンジーエクササイズ)を続けてもらうことが再発防止のためには必要だと伝え、
正しいやり方をお教えしました。

その後、ご自宅でマッケンジーエクササイズを1週間続けてもらったところ、
上段蹴りの時にもも裏が何となく張るかな程度しか症状が出なかったことから、
やはり今回の症状は腰椎椎間板ヘルニアによる症状であったと実感したそうです。
そして、今まで受けていたけん引やマッサージではあまり効果がなかったため、
頸椎椎間板ヘルニアも含め、当院でちゃんとした治療を受けようと思ったそうです。

 

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。