*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。
アプリで表示した画面はクリックすると拡大します。

数多く販売されている健康グッズの中でもとくに姿勢に関わる物の中から
良さそうだと思ったものはなるべく自分で試すようにしています。
「ALEX Plus(アレックス プラス)」は、患者さんに教えていただいた後、
テレビでその使用効果などを見て興味を持ったので購入してみました。

1. ALEX Plusとは?

アマゾンでは「首の姿勢の測定・矯正機」と紹介されています。

 alex+5 alex+4

首の後ろに着用しておくと、悪い姿勢が一定時間続いた時に振動で知らせてくれる
機械です。

外見はいたってシンプルで、それほど大きくないので着用していても目立たず、
非常に軽いので長時間使っていても首に負担が掛かりません。
フックを耳に掛けますが、柔らかいシリコン製なので、耳が痛くなりにくく、
眼鏡と一緒にしていても特に違和感はありません。

2. 何ができるの?

専用アプリをスマートフォンやタブレット端末にインストールして
連携させると、4つの機能が使えます。

①リアルタイムの姿勢の測定

ALEX Plusは、首の姿勢を1秒間に10回測定し、独自のアルゴリズムで
精密に判定し、事前に設定した角度より首が前に倒れると振動で知らせてくれます。

alex+6-1 alex+6

alex+7 alex+8

初めに自分の正しい姿勢を設定し、次に悪い姿勢とその姿勢が何秒続いたら
通知を出すのかを設定するだけで簡単に使えます。
上の画面では白い丸が自分の首の角度を表し、赤い矢印が事前に設定した
悪い姿勢の時の首の角度を表しています。
白い丸が赤い矢印を超えると振動で知らせてくれます。

②姿勢レポートの確認

レポートは一目で内容がわかるようになっています。

alex+9

画面下の[履歴]から過去の履歴を1日単位で確認することもできます。

alex+10

さらに日付をタップするとその日の詳細レポートを見ることもできます。

alex+11

姿勢レポートは、時間・日・週・月別の成績が確認できますので、
姿勢の変化が実感しやすく、続けるモチベーションも維持しやすいと思います。

③ストレッチ運動

首と背中の筋肉を強化するストレッチや良い姿勢をキープするためのストレッチ、
首の緊張をほぐすエクササイズがあります。
アプリの画面に従って正しくカラダを動かせば自動カウントされるようになっています。

alex+13 alex+14

alex+13

こちらに関してはあまり効果的だと思えませんでした。

④活動量不足の通知

ALEX Plusには30分体を動かさずにいると、振動で知らせてくれる機能がありますが、
急に長めの振動で知らせるので、毎回びっくりします。

3. 感想

alex+3

持ち運び用のケースはついていますが、充電ケーブルは付いていません。
本体は韓国製でしたが、説明書は日本語に対応しています。

購入した機械がたまたま不良品だったのか、何度やってもアプリとの接続が
すぐに切断されていました。
初めのうちは接続されていない間も設定した角度や時間を感知して
振動で知らせてくれていましたが、そのうちそれもなくなり、
アプリとの接続もできなくなったので、残念ながら返品することにしました。

alex+16 alex+17

とりあえず1週間は自分で使ったり、何人かの患者さんにも試してもらったり
しました。
いわゆる猫背でアゴが上がっている人が使うと、振動に反応して姿勢を正した時に
ほどんどの人は下の写真のように首を後ろに倒していましたが、
後ろに倒している時には振動で知らせてくれないので、本人はそれが正しい姿勢だと
思ってしまっていました。

alex+18 alex+19

これに対する改良がなされれば、肩こり、首こりの予防や姿勢改善にもおおいに
期待できる商品ではないかと思います。