*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。
以下の図はクリックすると拡大します。

総腓骨神経 腓骨神経走行①
↑左:後ろから見た総腓骨神経/右:後ろから見た総腓骨神経と大腿二頭筋

腓骨神経走行②
↑前から見た腓骨トンネルと深腓骨神経、浅腓骨神経

〔経路〕どこにあるの?

膝裏の少し上で脛骨神経(けいこつしんけい)と分かれ、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
の内縁を通り、腓骨頭(ひこつとう)と長腓骨筋(ちょうひこつきん)によって形成された
腓骨トンネル(上図内)内で深腓骨神経と浅腓骨神経に分かれます。

深腓骨神経 浅腓骨神経
↑左:前から見た深腓骨神経/右:前から見た浅腓骨神経

深腓骨神経は、脛(すね)の前を下行して足の親指と人差し指の間に繋がり、
浅腓骨神経は脛の外側を下行し、足首の前でさらに枝分かれして
足の親指の内側、人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間に繋がります。

〔支配〕役割は?

深腓骨神経領域 浅腓骨神経領域
↑左:深腓骨神経領域/右:浅腓骨神経領域

深腓骨神経は、主に足首を曲げたり足の指を反らす筋肉を動かし、
足の親指と人差し指の間に感覚をもたらします。(※左の写真赤線で囲んだ所)
浅腓骨神経は、足首を外返しする筋肉を動かし、脛~足の親指の内側、
人差し指の外側~小指の内側の感覚をもたらします。(※右の写真赤線で囲んだ所)

〔症状〕総腓骨神経が障害されると…

坐骨神経痛
 脛~足の甲のしびれや痛み
腓骨神経麻痺
③膝の痛みや関節の硬直

〔原因〕総腓骨神経を障害するのは…

総腓骨神経圧迫 深腓骨神経圧迫

浅腓骨神経圧迫

膝の障害、足首の重度な捻挫、脛の骨折や打撲、ギプスや包帯、ハイソックスや
ストッキングによる圧迫や絞扼(こうやく)もありますが、足を組んで座ったり、
足を台などに乗せて寝ていたり、体形に合わない椅子や座面の硬い椅子に長時間座ったり、
ハムストリングスのトレーニングのし過ぎ、腓骨のズレなどによって
膝裏に付く筋肉の間、腓骨トンネル、脛に付く筋肉の間やその下、足首の靭帯の下
(上図内)で圧迫や絞扼されることもあります。

afaf239b38c4df86b008bc0f20634de8_s

 

当院では総腓骨神経が圧迫されて起こっている症状に対して、
まず末梢(まっしょう)神経マニピュレーションにより圧迫されている神経を
解放してから、必要に応じてカイロプラクティックオステオパシーによる
背骨や骨盤の矯正、キネシオテーピング療法筋スラッキング療法による
筋肉や筋膜の治療などを行ないます。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
・「坐骨神経(ざこつしんけい)
・「膝裏の痛みの原因とその治療