*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。
以下の図はクリックすると拡大します。

坐骨神経 坐骨神経と梨状筋
↑左:後ろから見た坐骨神経
 右:後ろから見た坐骨神経と梨状筋

〔経路〕どこにあるの?

腰の骨(腰椎:ようつい)4番と5番の間、腰椎5番と仙骨(せんこつ※)の間、
仙骨の穴から出て、仙骨から股関節の後ろ側に付く梨状筋(りじょうきん)の間、
もしくは下の隙間から骨盤を出て、お尻と太ももの後ろ側を下って膝裏の少し上で
脛骨神経(けいこつしんけい)と総腓骨神経(そうひこつしんけい)に分かれます。
※仙骨とは、骨盤の真ん中にある骨。

身体の中で最大の神経と言われていますが、実際は2つの神経(脛骨神経と腓骨神経)
が束になっています。

〔支配〕役割は?

しびれと痛み((後) 坐骨神経痛(症状②)

主に膝を曲げる筋肉や膝から下の全ての筋肉を動かしたり、
太ももの裏側、ふくらはぎの内側~土踏まずを除く足全体(※上の写真内)に
感覚をもたらします。

〔症状〕坐骨神経が障害されると…

坐骨神経痛
 お尻~太ももの裏側、ふくらはぎ、すね~足先のしびれや痛み
②走れない
③つま先やかかとで立てない
④足首を曲げられない(=下垂足:かすいそく)
⑤膝から下の感覚異常(鈍くなる、知覚過敏)
⑥腰や股関節、膝の関節可動域減少
 
坐骨神経は、長い時間圧迫されたり、繰り返し圧迫されているうちにその線維が収縮したり、
 硬くなってしまうと伸長性が失われるので、腰や股関節の関節の動きが制限され、
 腰椎(ようつい)や股関節が正常な位置からズレてしまいます。(=歪み)

〔原因〕坐骨神経を障害するのは…

坐骨神経圧迫

腰椎4番と5番、腰椎5番と仙骨の間から出ているので、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症
椎間孔狭窄症などの背骨の病気や神経の病気、感染症、静脈やリンパ管のうっ血、
肝臓や膵臓などの内臓の病気により障害されることもありますが、お尻の筋肉への
注射による損傷も意外と多く、それ以外では骨盤や腰椎の骨折、股関節の脱臼、
お尻や太もも裏側の怪我などによる圧迫もあります。
椅子に座る時、後ポケットに財布や携帯電話(スマートフォン)を入れたままだったり、
足を組んでいたり、長時間椅子やソファに座ったり、車を運転したり、
ハムストリングスのトレーニングのし過ぎなどによって、お尻や太ももの裏側に付く
筋肉の間(上図内)で圧迫や絞扼(こうやく)されることもあります。

0012

 

当院では坐骨神経が圧迫されて起こっている症状に対して、
まず末梢(まっしょう)神経マニピュレーションにより圧迫されている神経を
解放してから、必要に応じてカイロプラクティックオステオパシーによる
背骨や骨盤の矯正、キネシオテーピング療法筋スラッキング療法による
筋肉や筋膜の治療などを行ないます。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
・「梨状筋症候群とその治療
・「膝裏の痛みの原因とその治療
・「お尻の張りや痛みについて