*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。
以下の図はクリックすると拡大します。


↑左:前から見た大腿神経/右:前から見た伏在神経

大腿神経走行① 
↑左:前から見た大腿神経と大腰筋&腸骨筋
 右:前から見た大腿神経とそ径靭帯

〔経路〕どこにあるの?

腰の骨(腰椎:ようつい)2,3番間、3,4番間、4,5番間から出て、
腰や骨盤の前側に付く大腰筋(だいようきん)と腸骨筋(ちょうこつきん)の間を下行し、
そ径靭帯の下を通り抜けてそのまま太もも前面の皮膚や筋肉に繋がる神経と、
太ももやふくらはぎの内側を通って土踏まず~足の親指の付け根まで繋がる
伏在(ふくざい)神経に分かれます。

〔支配〕役割は?

大腿神経領域

主に股関節を曲げる筋肉や膝を伸ばす筋肉を動かし、太もも前面(内側寄り)と
ふくらはぎの内側~土踏まず(※上の写真赤線で囲んだ所)に感覚をもたらします。

〔症状〕大腿神経と伏在神経が障害されると…

大腿神経痛(だいたいしんけいつう)
ハンター管(内転筋管)症候群
股関節(そ径部)の痛み
④膝の痛み
 大腿神経は膝を伸ばす筋肉に繋がっているので、それらを緊張させてしまうのは
 もちろん、軟骨や靭帯、関節包(=滑液包:かつえきほう)、血管にも繋がっている
 ので関連痛※を引き起こしたり、回復が遅れたりします。
(※本来であれば組織が圧迫や摩擦により傷つくとそこが痛みますが、神経の場合稀に
 繋がっている先が傷ついていると勘違いして、さもそこが痛むように感じることがあります。
 このような痛みを「関連痛」といいます。)
足の血行障害によるしびれや痛み、冷え
 大腿神経は大腿動脈にも繋がっているので、神経障害により動脈の血管収縮に
 影響することがあります。
⑥腰や股関節、膝の関節可動域減少
 大腿神経は、長い時間圧迫されたり、繰り返し圧迫されているうちにその線維が収縮したり、
 硬くなってしまうと伸長性が失われるので、腰や股関節、膝の関節の動きが制限され、
 腰椎(ようつい)や股関節、膝関節が正常な位置からズレてしまいます。(=歪み)

〔原因〕大腿神経と伏在神経を障害するのは…

 大腿神経圧迫②

大腿神経圧迫②

腰椎2,3番間、3,4番間、4,5番間から出ているので、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症
椎間孔狭窄症などの背骨の病気や腎下垂、腎臓結石、尿管結石、盲腸炎などの
内臓の病気により障害されることもあります。
それ以外では股関節の障害やそ径部、下腹部、太もも外側の怪我、
コルセットや包帯、下着やスパッツなどによる圧迫や絞扼(こうやく)、
椅子に座る時ポケットに財布や携帯電話(スマートフォン)を入れたままだったり、
足を組んでいたり、股関節を深く曲げたり、太ももの上に重い物を乗せていたり、
大腰筋や内ももの筋肉のトレーニングのし過ぎなどによって、そ経靭帯の下や
太ももの内側に付く筋肉の間(上図内)で圧迫や絞扼されることもあります。

a8954943ecf235dcae1d551a1fe004b9_s

 

当院では大腿神経や伏在神経が圧迫されて起こっている症状に対して、
まず末梢(まっしょう)神経マニピュレーションにより圧迫されている神経を
解放してから、必要に応じてカイロプラクティックオステオパシーによる
背骨や骨盤の矯正、キネシオテーピング療法筋スラッキング療法による
筋肉や筋膜の治療などを行ないます。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
・「大腿神経痛とその治療
・「ハンター管(内転筋管)症候群とその治療
・「股関節の痛みの原因とその治療
・「血行障害による足のしびれや痛みとその治療
・「膝のお皿の周りの痛みについて〈膝の痛み①〉