*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

菱形筋
↑後ろから見た大菱形筋

菱形筋は、肩甲骨と背骨の間にある菱形(ひしがた)の筋肉で、
大菱形筋と小菱形筋がありますが、一般的には区別がつかず、
働きも同じなので、ここではとくに問題が起こりやすい
大菱形筋について説明します。

〔付着部〕どこにあるの?

菱形筋は背中の骨(胸椎:きょうつい)から
肩甲骨の内側に付きます。

〔働き〕どんな時に使うの?

・肩を後ろに引いたり、すくめたり、腕を横に挙げる時、
 たんすの引き出しやドアを手前に引く時などに肩甲骨を動かします。
・肩甲骨を固定して、背中が丸まるのを防いだり、歩く時に腕を振れるようにします。

〔症状〕菱形筋に問題が起こると…

・肩甲骨内側の張りや痛み
・肩甲骨を動かす時に音が鳴る
・猫背
・巻き肩

〔原因〕菱形筋に問題を起こすのは…

・怪我
・長時間のデスクワークや読書、スマートフォンの操作
・長時間腕を上げたまま作業をする
・マッサージのし過ぎ
首の骨(頸椎:けいつい)の歪み
猫背

TAN_sofadePCwosawarudezaina-500-thumb-260xauto-1486 高い所(誤)

当院では菱形筋に問題がある場合、その状態や原因をさまざまな検査で見極め、
それに対して適切な治療をしています。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
・「肩甲骨内側の痛みの原因とその治療
・「筋肉と筋膜の治療について
・「姿勢筋と動作筋について
・「ストレッチはしない方がいい!?

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+