僧帽筋の名前の由来は、左右合わせた形状(菱形)が
カソリック僧の頭巾に似ていることからきています。

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

僧帽筋
↑後ろから見た僧帽筋

僧帽筋は、後頭部と背骨から肩にかけて広がる扁平の
大きな筋肉で、上から上部、中部、下部に分けられ、
それぞれ働きが異なります。

下部僧帽筋
↑後ろから見た下部僧帽筋

〔付着部〕どこにあるの?

下部僧帽筋は、背中の骨(胸椎:きょうつい)から
肩甲骨の内側に付きます。

〔働き〕どんな時に使うの?

・肩を後ろに引いたり、下に引き下げたり、腕を横に挙げる時に
 肩甲骨を動かします。
・肩甲骨を固定して背中が丸まるのを防ぎます。

〔症状〕下部僧帽筋に問題が起こると…

・後頭部~肩や背中の痛み
・肩甲骨の内側の張りや痛み
・猫背
・巻き肩
・胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)
(小胸筋症候群、過外転症候群)

〔原因〕下部僧帽筋に問題を起こすのは…

・怪我
・長時間のデスクワークや読書、スマートフォンの操作
・重い荷物を手で持つ
・マッサージのし過ぎ
首の骨(頸椎:けいつい)の歪み
猫背

eb2e6b614451decde7297400da2c1d08_s

a0001_016661

当院では下部僧帽筋に問題がある場合、その状態や原因をさまざまな検査で見極め、
それに対して適切な治療をしています。

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。

 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
・「肩甲骨内側の痛みの原因とその治療
・「小胸筋症候群(過外転症候群)とその治療〔胸郭出口②〕
・「筋肉と筋膜の治療について
・「姿勢筋と動作筋について
・「ストレッチはしない方がいい!?