「肩の後~外側が痛い」
「腕の外側や手の甲がしびれる」
「腕を上げると痛い」
などの症状がある場合は、腋窩(えきか)神経や橈骨(とうこつ)神経の圧迫
または絞めつけ(=絞扼:こうやく)によって起こる『四辺形間隙症候群』
の可能性があります。

四辺形間隙症候群とは、どのような状態のことをいい、どのような症状があり、
何が原因で起こるかを解説し、それに対して一般的に病院などで
行なわれる治療と当院で行なっている治療の違いを説明します。
どなたにでもわかるよう専門用語はできるかぎり使わず、
写真と解剖図を使って解説します。

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

四辺形間隙(しへんけいかんげき)とは

腋窩神経 橈骨神経
↑左:後ろから見た腋窩神経(黄)/右:後ろから見た橈骨神経(黄)
 ※画像をクリックすると拡大します。

四辺形間隙(筋肉)
↑斜め後ろから見た四辺形間隙(で囲った部分)
 ※画像をクリックすると拡大します。

首の骨である頸椎(けいつい)から出た神経は、首から肩、
そして腕から指先に向かいます。
その中から枝分かれした腋窩(えきか)神経と橈骨(とうこつ)神経は、
わきの下を通って腕の後側に向かいますが、その通り道となる
上腕三頭筋・大円筋・小円筋に囲まれた四角形のすき間を『四辺形間隙』、
または『外側腋窩隙(げき)』や『後方四角腔(くう)』といいます。

四辺形間隙症候群とは

四辺形間隙(神経)
↑斜め後ろから見た四辺形間隙(で囲った部分)
 ※画像をクリックすると拡大します。

四辺形間隙を囲っている上腕三頭筋・大円筋・小円筋のうち、
1つもしくは複数の筋肉が過緊張し、ここを通る腋窩神経や橈骨神経が
絞めつけられたり(=絞扼:こうやく)、圧迫されて起こる神経障害を
『四辺形間隙(しへんけいかんげき)症候群』といいます。

〔四辺形間隙症候群の症状〕

四辺形間隙症候群(症状)

症状が急激に現れることは少なく、肩の後~外側の痛みが徐々に広がり、
二の腕~手の甲や指先(とくに親指と人差し指)までしびれや痛みが
出てくることもあります。
腕を上げると症状が悪化するので、高い所の物を取ったり、上着を着たり、
脱いだりすることが困難になります。
さらに悪化して神経が麻痺(まひ)すると、肩の外側の感覚異常や筋力低下、
筋肉が痩せてへこんでいるように見える(=萎縮:いしゅく)などの
症状も現れます。

〔四辺形間隙症候群の原因〕

事故や転倒による肩の打撲、ラグビーやアメフトで肩を強くぶつけたり、
テニスのサーブやスマッシュ、バレーボールのサーブやスパイク、
野球のオーバーハンドスロー、水泳(クロール、背泳ぎ、バタフライ)
などでも起こりますが、それ以外の方で、実際に四辺形間隙症候群と
診たてた方のほとんどに、ある共通点がみつかります。
それは“猫背”です。
とくにデスクワークなどで、身体の前方に腕を伸ばして使っていると、
上腕三頭筋・小円筋・大円筋が過緊張してしまい、四辺形間隙を狭めます。
長い間このような姿勢でいるうちに、背中が丸まって猫背になります。

IMG_0992

〔四辺形間隙症候群の治療〕

一般的に病院で行なわれる治療は、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬(きんしかんやく)、
神経に効くビタミン剤や血流を良くする薬が処方され、マッサージや
ストレッチ、電気による治療が行なわれます。
痛みが強い場合は、ブロック注射を勧められることもあるようですが、
日常生活に支障をきたす場合には手術による神経の剥離(はくり)が行なわれます。
(神経)ブロック注射とは、
手の痛みやしびれをもたらしている神経の障害部分に局所麻酔を直接注射し、
神経を遮断することで痛みやしびれを抑えます。
神経に注射をするので、激しい痛みを伴います。
持続時間には個人差があり、打った時だけしか効かない人もいれば、
1週間くらい持続する人もいるようです。

当院の治療は、
まず、患部に対する治療を行ない、症状を改善します。
 ①腋窩神経や橈骨神経を圧迫している筋肉を特定し、その筋肉の過緊張に関与する
  頸椎(けいつい)や胸椎(きょうつい)の歪みをみつけて矯正します。
 ②特定した筋肉の過緊張に関与する筋肉や筋膜※に筋スラッキング療法
  キネシオテーピング療法を行ない、過緊張している筋肉を正常な状態に戻して、
  神経を解放します。(※詳しくは「“筋肉のつながり”について」をご覧ください)
 ③キネシオテーピング療法により、①の歪みに関与する筋肉や筋膜を
  元の正常な状態に戻して、頸椎や胸椎を矯正後の正常な状態で
  維持できるようにします。
次に、全身を診て①の歪みや猫背に関連する背骨の歪み骨盤の歪みを治療し、
  筋肉を過緊張させにくくすることで、 症状が再び出ないようにします。

ほとんどの場合、初回は患部に対する治療に重点をおきますので、
少なくとも症状の軽減がみられ、場合によってはほとんど気にならなくなります。
さらに2回目以降全身の治療も一緒に行なっていけば、
四辺形間隙症候群を根本的な原因から治療することになるので、
症状の再発を防ぐことができます。

四辺形間隙症候群は、正しい診たてと適切な治療をすれば、ちゃんと治ります。
手のしびれや痛みを訴えると、病院では頸椎のレントゲン検査のみで
診断されることが多いので、見落とされがちです。
病院で頚椎症頸椎椎間板ヘルニアと診断され、治療を受けても
あまり良くならないと来院された方が、実は四辺形間隙症候群だった
ということもあります。
治療を受けていても、症状があまり変わらなかったり、悪化しているようなら、
その治療が合っていないか、他の原因と合併していたり、四十肩や五十肩
インピンジメント症候群などと間違われている可能性があります。

もしも、あなたが手のしびれや痛みからできるだけ早く解放されたいのであれば、
なるべく早く治療することをオススメします。 

当院は予約制ですので、必ず事前に電話かネットからご予約ください。

TEL:03-3414-7206
ネット予約はこちら
  

 

 

 

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。