本を読む時の姿勢 bs151026M_005r

本を読む時、左の写真のように肘をついて身体を支えていると、
肩や肘に負担が掛かるので、肩や肘の痛み、手のしびれなどが
起こる可能性があります。

本を読む時は、右の写真のように壁などに寄りかかって座り、
膝を曲げて太ももや膝の上に本を置くようにすると、
肩や肘の痛み、手のしびれなどは起こりにくくなります。

「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
本を読む時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「腕や手のしびれについて
・「肩の痛み(四十肩・五十肩など)について
・「肘の痛みについて

身体の歪みや手のしびれなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ