a0001_016148

ベッドやベンチなどに腰掛ける時、上の写真のように足を組んでいると、
腰が曲がりやすいので、腰の張りや痛みを引き起こす可能性があります。

ベッドやベンチなどに腰掛ける時は、頭を上に引っ張り上げながら
お腹を前に突き出して骨盤を立たせ、お尻と左右の足裏で上半身を
支えるように意識すると、足を組みづらく、腰はまっすぐに保てるので、
腰の張りや痛みが起こりにくくなります。

「ちょっとくらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
腰掛ける時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「仙腸関節の捻挫について
・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について
・「腰椎椎間板ヘルニアについて

身体の歪みや仙腸関節捻挫などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ