6faaef2b0b74d0b9f8cbf7bf1db5250d_s 5ad6e073a4123ed4c1493b6a211b0790_s

箱を積み重ねて持つ時、左の写真のようにちゃんと重ねていないと、
箱を支えるために前傾姿勢になりやすく、腰に負担が掛かるので、
腰を痛める可能性があります。

箱を積み重ねて持つ時は、左の写真のようにちゃんと重ねて、
できる限り身体に近づけて持ち、腕や背筋にはあまり力を入れず、
頭を上に引っ張り上げるように意識すると、自然と上に持ち上がるので、
腰を痛めにくくなります。

「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
箱を積み重ねて持つ時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「腰椎椎間板ヘルニアについて
・「ぎっくり腰について
・「仙腸関節の捻挫について

身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ