勉強する時の姿勢

机に向かって勉強する時、上の写真のように紙やノートに顔を近づけていると、
頭が前に傾くので、頭を支えるために首の筋肉や椎間板に負担が掛かり、
肩や首が凝ったり痛くなったりする可能性があります。

机に向かって勉強する時は、お腹を前に突き出すようにして(腰を少し反らして)座り、
紙やノートが見やすくなるように、そ径部(股関節)から身体を前に傾けて、
アゴを少し引くようにすると、肩や首が凝ったり痛くなったりしにくくなります。

机の上に板などを置き、書く面を手前に傾けておくと、あまり身体を前に傾けなくていいので、
より良いです。

「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
机に向かって勉強する時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「頸椎椎間板ヘルニアについて
・「寝違え(首の筋肉の痛み)について
・「肩こりについて

身体の歪みや首の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ