リュックの持ち方(誤) リュックの持ち方(誤)

リュックを背負う時に片方だけで背負っていると、左の写真のように
掛けている側の肩が下がってしまったり、右の写真のようにずり落ち防止のため
掛けている側の肩を上げたりするので、身体の歪みの原因になる可能性があります。

リュックを背負う時は、左右両方で背負うようにしましょう。
リュックを背負っていると肩が凝るという場合は、肩に余計な力が入っていたり、
頭を前に突き出してしまっていると考えられます。
頭を上に引っ張り上げて、身体全体を真上に伸ばすように意識すると、
肩に余計な力を入れたり、頭を前に突き出したりしなくなるので、肩が凝りにくくなります。

「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
リュックを背負う時は“毎回”気を付けるようにしましょう。

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「背骨の歪みについて
・「肩こりについて

身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ