左足に体重を掛けて立つ 右足に体重を掛けて立つ

立っている時、上の写真左右どちらかに体重を掛けていると、
骨盤が左右にずれたり、傾いたまま歪んでしまう可能性があります。
 
 

立っている時は、頭を上に引っ張り上げるようにして、身体全体を真上に伸ばします。
そして、足裏全体を床にべったりとつけ、両足均等に体重をかけるようにすると、
骨盤は歪みにくくなります。
 
両足均等に体重をかけるように意識していてもなかなかその状態を保てないという方は、
しばらくの間わざと反対側(やりにくい側)に体重をかけて立つように
意識してみてもいいと思います。
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたりします。
立っている時は“毎回”気を付けるようにしましょう。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや臀部痛などが気になる方は、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ