姿勢を正す(立・誤) 姿勢を正す(立・正)

立っている時に姿勢を正そうとして、肩を後ろに引いたり、胸を張ったりしていると、
左の写真のように頭やお腹を前に突き出した(腰を反らせた)姿勢になるので、
背骨や骨盤を歪めたり、肩や背中や腰の筋肉を緊張させるので、
肩や背中や腰が張ったり痛くなったりする可能性があります。

立っている時に姿勢を正すのであれば、右の写真のように頭を上に引っ張り上げ、
お腹を少し凹ませておくと、背骨や骨盤は歪みにくくなり、肩や背中や腰が
張ったり痛くなったりしにくくなります。

立っている時に姿勢を正すのなら、肩を後ろに引いたり、胸を張ったりせず、
上記のように意識しましょう。

 

 
 
身体の歪み、脊柱管狭窄症などのお悩みは三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ