キャリーバッグを持ち上げる 重い荷物(前・正)

キャリーバッグを持ち上げる時、左の写真のように身体をまっすぐ向けずに持ち上げたりすると、
身体を左右に捻ったり傾けたりしやすいので、腰に負担が掛かり、腰を痛めてしまう可能性があります。

キャリーバッグを持ち上げる時は、できるだけ近づいて身体をまっすぐに向けて立ち、
左の写真のように、持ち手をつかんだまま頭を上に引っ張り上げるようにして
持ち上げ、荷物の重さと釣り合わせて身体を後ろに傾けるようにすると、
腰に負担が掛からないので、腰を痛めにくくなります。

「ちょっとだから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
キャリーバッグを持ち上げる時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みやぎっくり腰などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ