椅子に座って足を組む

テーブル付きの椅子に座る時、上の写真のように足を組んでいると、
上半身と下半身が異なる方向を向きやすいので、背骨や骨盤が捻れるように
歪んでしまう可能性があります。

テーブル付きの椅子に座る時は、足を組まないように意識して、
上半身と下半身を同じ方向に向けるようにすると、背骨や骨盤は捻れにくくなります。

 

「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
テーブル付きの椅子に座る時は、“毎回”気を付けるようにしましょう。

 

【関連記事】こちらもあわせてご覧ください。

・「背骨の歪みについて
・「骨盤の歪みについて

身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ