*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

猫背(立位) 猫背(座位)

猫背とは、上の写真のように背中が後方に丸く曲がって、
首が前に出た状態のことです。
円背(えんばい)や脊柱後弯症(せきちゅうこうわんしょう)などと、
いわれることもあります。

 

パソコンを使う スマホを使う

足を組んで座る あぐら  

パソコンやスマートフォンを使う時の姿勢(下を向く)や
座り方(足を組む、あぐらなど)が、猫背の主な原因として考えられます。

 

頸椎屈

背中や首が曲がってしまうと、頭の重さ(約5~7kg)を支えるために
首から背中の筋肉が引き伸ばされてしまいます。(背中や首の張りや痛み)

胸腰椎屈+頸椎伸

背中や首が曲がってしまって伸ばせなくなると、前を向くために顎を上げて
頭を後ろに傾けます。
このような姿勢でいるうちに、首の骨(頸椎:けいつい)の間を狭めてしまうと、
首の痛みが起こったり、頸椎の間から出る神経が圧迫されると、
手のしびれが起こります。
首の付け根(下部頸椎)の椎間板が頭の重みで圧迫されると、
頸椎椎間板ヘルニアになり、頭と首の間が詰まると、そこを通る血管が圧迫されて
頭痛高血圧の原因になります。

座(誤①)

背中や首が曲がってしまうと、まっすぐ前を向くために骨盤を後ろに傾けて
座るようになります。
このような姿勢でいるうちに腰も曲がってしまうので、腰の筋肉は引き伸ばされ
腰の張りや痛み)、椎間板は後方に押し出されてしまいます。(腰椎椎間板ヘルニア

骨盤前方+後傾

背中や首が曲がってしまうと、まっすぐ前を向くためにお腹を前に突き出して
立つようになります。
このような姿勢でいるうちに、腰の筋肉は緊張し、腰の骨(腰椎:ようつい)の間を
狭めてしまうと腰の張りや痛み、足のしびれが起こります。
足の付け根(股関節)の前側に付く筋肉が引き伸ばされると、
股関節の痛みの原因になります。

猫背によって起こる代表的な症状を挙げましたが、これ以外にも呼吸器(とくに肺)
をはじめ、内臓にもさまざまな問題(症状)を起こします。

猫背に対して当院で行なっている治療は、背骨とくに胸椎(きょうつい)と
頸椎(けいつい)が曲がってしまって伸ばせなくなっている“歪み”をみつけて矯正します。
そのあとで、引き伸ばされてしまったり、縮んでしまって首や背中をまっすぐに
保てなくなっている筋肉をみつけて、キネシオテーピング療法筋スラッキング療法
により元の正常な状態に戻します。

このような治療を行なっても背中が曲がりやすい人には、お家でできる
簡単なストレッチを行なってもらう場合もあります。

猫背予防ストレッチ(上) 猫背予防ストレッチ(横)

猫背でお悩みの方は、ぜひ一度03-3414-7206までご相談ください。
 ⇒【今週の予約状況

 

※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。
 
 
 
身体の歪みや猫背などのお悩みは三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ