左足重心で立つ 右足重心で立つ

立っている時、上の写真のように左右どちらかの足に重心を掛けていると、
お尻や腰に負担が掛かるので、お尻の痛みや腰痛、足のしびれの原因になる可能性があります。

立っている時は、頭を上に引っ張り上げるようにして、身体全体を真上に伸ばします。
この時に両手をお腹の前で組んでいると腰は反りにくくなります。
さらに足の指の裏も含めた足裏全体を床にべったりと付け、両足均等に体重をかけるようにすると、
お尻の痛みや腰痛、足のしびれは起こりにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
立っている時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みやお尻の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター