カメラで写真を撮る 69f53f183251321c5b177832c7046fea_s

カメラで写真を撮る時、左の写真のように“顔を”カメラに近づけていると、
頭を前に突き出して、アゴが上がった姿勢になりやすいので、
肩が凝ったり、首が痛くなったりしやすくなります。

カメラで写真を撮る時は、右の写真のように軽くうなずくようにアゴを引き、
“カメラを”顔に近づけるようにすると肩が凝ったり首が痛くなったりしにくくなります。

「すぐ済むから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
カメラで写真を撮る時は“毎回”気をつけるようにしましょう。

 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ