a1180_015519

電車やバス、飛行機などに長時間乗る時、上の写真のようにシートに浅く座り、
背もたれに寄りかかっていると、骨盤は後ろに傾き、腰が曲がってしまうので、
腰が張ったり痛くなったりする可能性があります。
 

電車やバス、飛行機などに長時間乗る時は、シートの座面に深く腰掛け、
背もたれに背中と頭をしっかりと密着させて座ると、骨盤は後ろに傾かず、
腰も曲がりにくくなるので、腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
とくに椎間板ヘルニアの人は、備え付けの枕や毛布があれば、
腰の凹んだ所に当て、なければ上着やタオルなどをたたんで腰に当てて、
腰の支えにするとより良いです。
 
 
「ちょっと位なら」とか「今回だけ」などとしていると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
乗り物に乗る時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ