靴下を履く(誤) 靴下を履く(正)

靴下を履く時、左の写真のように椅子やベッドなどに腰掛けていると、
あまり曲がらない腰椎(ようつい)に負担が掛かるので、腰を痛める可能性があります。
 

靴下を履く時は、右の写真のように椅子やベッドの上に足を乗せて、
股関節(そ径部)から身体を前に曲げるようにすると、
腰がまっすぐに保てるので、腰を痛めにくくなります。
 
 
「すぐに終わるから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら腰を痛めていたりします。
靴下を履く時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「腰椎椎間板ヘルニアについて

 
身体の歪みやぎっくり腰などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ