ベッドに座って読書(誤) 

ベッドの上に座って読書する時、左の写真のように両足をくずして座っていると、
身体(とくに骨盤や股関節)を歪めやすく、股関節や膝の痛みの原因になります。
 

ベッドの上に座って読書する時は、右の写真のようにクッションか枕を背中に当てて座り、
(とくに腰部に当てて、腰を少し反らした状態にすると良い)
膝は軽く曲げて本を足に乗せるようにすると、(本の下にクッションを置いても良い)
身体を歪めにくくなり、股関節や膝の痛みが起こりにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
ベッドに座って読書する時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや首の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ