持ち上げ動作(誤) 持ち上げ動作(正①)

重い物を床から持ち上げる時、左の写真のように膝をあまり曲げずに、
おへその位置から身体を前に曲げて、背筋を使って持ち上げようとすると
腰を痛める可能性があります。
 

重い物を床から持ち上げる時は右の写真のように、対象物にできるだけ近づき、
膝を曲げて股関節(そ径部)から身体を前に曲げるようにします。
持ち上げる時は背筋に力を入れるのではなく、後ろに体重をかけて床から浮かせて、
股関節と膝を伸ばすようにして持ち上げると腰を痛めにくくなります。
 
 

「そんなに重くないから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
重い物を床から持ち上げる時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。

 
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

身体の歪みやぎっくり腰などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ