しゃがむ(誤) しゃがむ(正)

膝を曲げてしゃがむ時、左の写真のように膝のお皿ががつま先よりも内側や外側を向いていると、
(※写真では膝のお皿がつま先よりも内側を向いている) 
膝の半月板や靭帯などにとても負担がかかるので、膝を痛めてしまう可能性があります。
 

膝を曲げてしゃがむ時は右の写真のように、膝のお皿とつま先の向きが同じになるように
意識すると、膝を痛めにくくなります。
 
 
 
 「一回くらいなら」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
膝を曲げてしゃがむ時は、“毎回”気をつけるようにしましょう。
 
 
※膝の治療中の方へ
上記のように意識して膝を曲げていても痛みがある場合は、無理をすると悪化させてしまうので、
膝が痛む角度まで曲げないようにしてください。
治療を続けるうちに少しずつ曲げられるようになるので、決して焦らないようにしてください。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや膝の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ