骨盤前傾+腰後屈 骨盤前方+後傾

立っている時、左の写真のようにお尻を後ろに突き出していたり(出尻)、
右の写真のように、腰を反らしてお腹を前に突き出していたり(反り腰)すると、
骨盤を歪めてしまったり、腰や肩が張ったり痛くなったりする可能性があります。

立っている時の姿勢を正すためには、身体全体を真上に伸ばすように意識して、
お腹を凹ませ、アゴを少し引くようにします。
身体全体を真上に伸ばす感覚がわかりにくいうちは、壁に背中をつけて練習すると、
いいと思います。
→詳しくは「腰痛治療や予防のための腹筋トレーニング」を参考にしてください。

 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 

身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ