飛行機・新幹線・長距離バスの座り方

飛行機・新幹線・長距離バスに乗る時、上の写真のようにシートに浅く座って
背もたれに寄りかかっていると、骨盤は後ろに傾き、腰が丸まってしまうので、
腰に負担が掛かり、腰が張ったり痛くなったりする可能性があります。
 

飛行機・新幹線・長距離バスに乗る時は、座面に深く腰掛けて
背もたれに背中と頭をしっかりと密着させて座ると、骨盤は後ろに傾かず、
腰も丸まりにくいので、腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
椎間板ヘルニアなどで腰が痛くなりやすい人は、備え付けの枕や毛布があれば腰の凹んだ所に当て、
なければ上着やタオルをたたんで代用し、腰の支えにした方がより良いと思います。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ