重いものを持つ(前・誤) 重いものを持つ(前・正)

身体の前で重いものや大きくてかさばるものを持つ時、左の写真のように腰を反らしていると、
腰の筋肉は緊張し、腰部は圧迫されてしまうので、腰を痛める可能性があります。
 

身体の前で重いものを持つ時は、右の写真のように身体を真上に伸ばすようにすると、
腰を反らさなくても持ち上がります。
そして、そのまま身体全体をほんの少し後ろに倒して重さの釣り合いをとるようにすると、
腰が緊張したり圧迫されたりしないので、腰を痛めにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
身体の前で重いものをもつ時は、“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター