a0002_003045 eeeEuEEPtjOQLq61427854761_1427854766

椅子に座る時、左の写真のように浅く座って背もたれに寄りかかっていると、
腰が曲がりやすいので、腰が張ったり痛くなってきたりする可能性があります。
 

椅子に座る時は、右の写真のように椅子の座面に深く座り、
背もたれに背中を密着させるように意識すると、腰は曲がりにくくなるので、
腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
背もたれに背中を密着させた時に、腰の部分にすき間ができるという方は、
折りたたんだ毛布やタオル、クッションなどですき間を埋めるようにするとより良いです。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
椅子に座る時は、上記を参考に“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ