拾う(立・誤) 拾う(立・正)

床や地面に落とした物を拾う時、左の写真のように膝をほとんど曲げずに身体を前に曲げてしまうと、
あまり曲げられない
腰椎(ようつい)を曲げなければならないので、腰を痛める可能性があります。
 

床に落とした物を拾う時には右の写真のように、膝を軽く曲げて股関節(そ径部)から
身体を前に曲げるように意識すると、腰椎はほとんど曲げないので、腰を痛めにくくなります。
膝に問題がなく、しゃがめるのであればしゃがんだ方がより良いです。
 
「今回だけ」などと油断していると、それが何度も積み重なった時に、
気付いたら症状が出ていたりします。
床に落とした物を拾う時は、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや仙腸関節捻挫などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ