81e3a90cc7dfbd282d575366f2ec8a5f_s

靴ひもを結んだり、ほどいたりする時、左の写真のように身体を前に曲げていると、
あまり曲げられない腰椎(ようつい)を無理に曲げてしまって、腰を痛める可能性があります。
 

靴ひもを結んだり、ほどいたりする時は、右の写真のようにしゃがむか、床や地面に座って膝を曲げ、
足を自分の方に近づけるように意識すると、腰椎はあまり曲がらないので、腰を痛めにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
靴ひもを結んだり、ほどいたりする時は、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや椎間板ヘルニアなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ