腕の付け根(誤) 腕の付け根(正)
↑※それぞれ、左手の人差し指で押さえている所が腕の付け根だとイメージして腕を動かしている

左の写真のように、肩が腕の付け根だとイメージして腕を動かしていると肩甲骨はほとんど動かないので、
背中や肩が張ったり、四十肩や五十肩になりやすくなります。
 

右の写真のように、鎖骨の内側にある骨の出っぱり(胸鎖関節:きょうさかんせつ)が
腕の付け根だとイメージして腕を動かすようにすると、肩甲骨は大きく動くようになるので、
背中や肩が張りにくくなり、四十肩や五十肩にもなりにくくなります。
 
 
高い所の物を取る時などは、胸鎖関節が腕の付け根だとイメージして腕を動かすように
意識しましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ