a0001_015904 持ち上げ動作(正①)

荷物を持ち上げる時、左の写真のように膝をあまり曲げずに
おへそから身体を前に曲げ、背筋を使って持ち上げようと
すると、腰を痛める可能性があります。
 
まずは、右の写真のようにできるだけ荷物の近くに立ち、
膝を曲げて股関節(そ径部)から身体を前に曲げるように
します。
持ち上げる時には背筋に力を入れず、後ろに体重をかけて
体重と釣り合いをとるようにして床から浮かせてから、
股関節と膝を伸ばすようにして持ち上げると腰を痛めにくく
なります。
 
 
「今回だけ」とか「そんなに重くないから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
荷物を持ち上げる時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけましょう。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。
 
 
 
 
身体の歪み、腰痛のお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ