859882f1b9384ee638ce5f90a55d4e34_s

写真のように、腰を反らした状態で子供を抱き上げていると
腰に負担が掛かるので、腰を痛める可能性があります。
 
子供を抱き上げる時には、お腹を前に突き出したり、
腰を反らすのではなく、膝を曲げて股関節(そ径部)から
上半身を後ろに傾けるようにすると、腰はまっすぐに
保てるので、腰を痛めにくくなります。
 
 
「少しの間だけ」とか「今回だけだから」などと
していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
子供を抱き上げる時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「ぎっくり腰について
・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について

 
 
 
 
身体の歪み、腰痛のお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ