右足重心で立つ

写真のように、左右どちらかの足に体重をかけて
立っていると、お尻や腰に負担が掛かるので、
お尻や腰が張ってきたり痛くなってきたり、
足がしびれたりする可能性があります。
 
立っている時には、頭が上から引っぱられて身体全体が
上に伸び、頭の位置が高くなるように意識します。
さらに足の指の裏も含めた足裏全体を床にべったりと付け、
両足均等に体重をかけるようにすると、
お尻や腰が張ったり痛くなったり、足がしびれたり
しにくくなります。
 
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら症状が出ていたりします。
立っている時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。
 
 
 
 
身体の歪み、腰痛などのお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター