2c8f18718de1785c7cd74ad666d9c904_s d577f75e214053aef209a5fd7a43b9d0_s

パソコンのキーボード入力をする時に、机とイスの高さが
身体に合っていなかったりすると、左の写真のように
肩をすくめるようにして両腕を持ち上げたり、
右の写真のように両肘を張って、腕で上半身を支えたり
してしまうので、肩が凝ってきたり痛くなってきたりします。
さらに肘や手首を余計に曲げたりもしてしまうので、
肘や手首が痛くなったりする可能性もあります。
 
パソコンのキーボード入力をする時の机とイスの高さは、
イスに座って机やパソコンの上に両手を楽に置いた時、
肘が90°に曲がっているのが理想的です。
これに合わせて机とイスの高さを調整しておくと、
肩が凝ったり痛くなったり、肘や手首が痛くなったり
しにくくなります。
 
 
横着して「そんなに長い時間じゃないから」とか
「今回だけだから」などとしていると、
それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
キーボード入力をする時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。