歩行時の足① 歩行時の足② 歩行時の足③ 歩行時の足④

歩行時、とくに足を地面に着いてから地面を蹴り出すまでの
足の使い方に問題があると、偏平足になりやすく、
足裏にタコやウオノメができてしまったり、外反拇趾になって
しまったり、足の裏が痛くなったりする可能性があります。
 
足が地面に着いてから地面を蹴り出すまでの体重移動は、
上の写真のように行なわれます。
①かかとから地面に付く
②足の外側を小指の付け根まで移動する
③小指から親指まで指の付け根部分を外から内へ移動する
④親指の指先で地面を蹴り出す
 
歩行時には、かかとから地面に着いて、親指の指先で
地面を蹴り出すように意識すると、偏平足になりにくくなり、
足裏にタコやウオノメができたり、外反拇趾になったり、
足の裏が痛くなったりしにくくなります。
 
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
歩く時には、上記を参考にして“毎回”気をつけて
みてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「足の裏の痛みについて