794d289f9e2c0546def786a60c081766_s 5a580016ce41c37b5433d4316a83d693_s

左の写真のようにバッグを腕にかけて持っていると、
肘や手首を曲げた状態で筋肉を緊張させてしまうので、
肘や手首が伸ばしにくくなってしまったり、痛くなって
しまったりする可能性があります。
また、バッグをかけている側の肩の筋肉も緊張させて
しまうので、肩が凝ってしまったり、痛くなってしまったり
する可能性もあります。
 
手首や肘を自然に伸ばした状態にして手で持つようにするか、
右の写真のように肩にかけるようにすると、肘や手首が
伸ばしにくくなってしまったり、痛くなってしまったり
しにくくなります。
その際は、片側ばかりでなく左右均等になるよう、
こまめに持ち替えるようにすると、肩が凝ってしまったり、
痛くなってしまったりしにくくなります。
 
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。