拾う(立・誤) 拾う(立・正)

立った状態から落とした物を拾う時、左の写真のように
膝が伸びた状態で、おへその位置から身体を前に曲げると、
ほんの少ししか曲げられない腰椎(ようつい)を無理に
曲げることになるので、腰を痛める可能性があります。
 
右の写真のように、膝を軽く曲げて股関節(そ径部)から
身体を前に曲げるように意識すると、腰椎をまっすぐに
保つことができるので、腰を痛めにくくなります。
 
 
 
 
 
 
〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックするとリンク先のページが開きます。