流し台① 流し台②加工済み

台所の流し台で食器洗いなどの作業をする時に、
前かがみでいるとだんだん腰が張ってきたり
痛くなってきたりする可能性があります。
そして、作業が終了して身体を起こす時には
ぎっくり腰のように腰を痛めてしまう可能性もあります。
 
 
作業する時は、左の写真のように膝を曲げて
(※膝のお皿がつま先より前に出ないように)
お尻を後ろに突出し、胸を張るようにすると、
腰をまっすぐに保てるので、作業をしている間
腰が張ってきたり、痛くなってきたりしにくくなります。
 
作業が終了して、身体を起こす時には、
右の写真のように腰は動かさないようにして、
お尻を下に下げて膝をつま先より前に出してから、
膝を伸ばすようにすると、腰の筋肉を使わないで
身体を起こせるので、腰を痛めにくくなります。
 
 
 
 
 
 
〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックするとリンク先のページが開きます。