頭前方+後傾 

左の写真のような姿勢で座って携帯電話を見ていると、
頭は後ろに引かれ(アゴが上がり)、首が圧迫され、
頭と首の間も縮まってしまうので、首が痛くなったり、
頭が痛くなったりする可能性があります。
 
右の写真のように、顎関節(=がくかんせつ:耳の穴
から指一本分前&下で、口を開けると凹む所)に
両手の指先を当てて、この指を軸にして軽くうなずく
(アゴを引く)と、首が解放され、頭と首の間は
伸ばされます。
 
左の写真のような姿勢で座って携帯電話を見る時でも、
上記のように意識すると、首が痛くなったり、
頭が痛くなったりしにくくなります。
 
 
 
 
 
 
〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックするとリンク先のページが開きます。