立位(左足重心) 立位(正)

左の写真のようにどちらかの足(※写真は左足) に
体重をかけて立っていると、骨盤は体重をかけた側
に片寄り、さらに反対側に傾くように歪んでしまいます。
とくにお尻や腰に負担がかかりやすいので、
お尻や腰が張ったり痛くなる可能性があります。
 
右の写真のように両足の裏全体に均一に体重をかけて
立つように意識すると骨盤は歪みにくくなります。
体重計を2つ並べて置き、片足ずつ乗せて重さが
同じになるように練習できると、より良いです。
 
両足均等に体重をかけるように意識していても
なかなかその状態を保てないという方は、しばらくの間
わざと反対側(やりにくい側)に体重をかけて立つように
意識してみてもいいと思います。
 
 
 
 
 
 
〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックするとリンク先のページが開きます。