11月22日(土)〜24日(月・祝)に東京海洋大学で開催された「第7回キネシオテーピング療法学会」に
参加してきました。
 
会長セミナー 第7回KT療法学会資料(セミナー)
 
リック・グリフィン リック・グリフィン&高倉先生
 
22日(土)は、午前中にキネシオテーピング協会の加瀬建造会長による
「スポーツ現場での痛みをすぐ取る方法」という講演が行なわれ、
午後からメジャーリーグ シアトルマリナーズのヘッドトレーナーを
30年以上務めているリック・グリフィン氏と
前年同チームでメディカルトレーナーを務めた高倉昌宏氏による
「スポーツ現場で起こる怪我の統計から見る治療法(上肢・下肢編)」という講演がありました。
 
午前中の講演では、“皮膚”に対するやさしい刺激のテーピングがいかにして、
痛みに効果があるかという話やソチ冬季オリンピックで各国の選手に行なった治療の話など、
午後の講演では、メジャーリーガーの怪我やリハビリに対して、キネシオテーピングがどのように使われ、
どのような効果を上げているかなど普段なかなか聞くことができない貴重な話が聴けました。
 
第7回KT療法学会 第7回KT療法学会資料
 
23日(日)と24日(月・祝)は、大学教授や専門学校の先生、カイロプラクター、鍼灸師、柔道整復師、
理学療法士、スポーツトレーナーなどによるキネシオテーピング療法の臨床報告や
心電図、超音波画像診断器、サーモグラフィーなどを用いた研究発表が行なわれました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
その中で私自身も、今回初めて「カイロプラクティックとキネシオテーピング療法による姿勢の変化」を
臨床報告として発表するという大変貴重な体験をさせていただき、とても勉強になりました。
 
 
キネシオテーピング療法には多種多様な職業の先生方が関わっているおかげで、それぞれの専門知識を
活かしたキネシオテーピング療法を肌で感じることができ、発表されたさまざまなデータや経験を、
このような機会にたくさんの人たちと共有できることこそが、今後のキネシオテーピング療法のさらなる発展に
つながると感じ、多くの事を学ぶことができました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑キネシオテーピング協会 加瀬会長との記念撮影