今回のブログは2012年7月19日に公開した
四十肩・五十肩(インピンジメント症候群)について」の改訂版です。

*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

肩関節(前) 肩関節(後)
↑左:前から見た肩関節/右:後ろから見た肩関節

肩関節は上腕骨(じょうわんこつ)と肩甲骨(けんこうこつ)と鎖骨(さこつ)の
3つの骨でできています。
上図のように肩甲骨の浅い凹みに半球状の上腕骨頭(じょうわんこっとう)が、
はまるというよりも“接している”だけなので、不安定ではありますが
あらゆる方向に大きく動かすことができます。
 
上腕二頭筋長頭 棘上筋

↑左:上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)/ 右:棘上筋(きょくじょうきん)
 
棘下筋 小円筋
↑左:棘下筋(きょくかきん)/ 右:小円筋(しょうえんきん)
 
肩甲骨と上腕骨頭の接している所が少しでもズレてしまうと、肩甲骨と上腕骨を繋いでいる
筋肉が引き伸ばされたり、弛んだりするので、そのまま動かしていると炎症を起こします。
肩の痛みは四十肩や五十肩、野球肩や水泳肩など色々なものがありますが、
ほとんどの場合は上の図のような肩甲骨と上腕骨を繋いでいる筋肉が炎症を起こした状態で、
肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)とも呼ばれます。
 
肩の痛み(前) 肩の痛み(後)

で囲ったところが痛みが出やすい所(例:右肩)
 
症状は肩を動かした時の違和感(ひっかかりなど)からだんだん痛くなってきたり、
野球(投球)やテニス、水泳(特にクロール)をして急に痛くなったりなどさまざまです。
 
痛くて腕が肩より上がらず、前後左右の動きが制限され特に頭を洗ったり、背中をかいたり、
服に腕を通すのが困難になります。
 
ほとんどの場合、痛みは数日〜1週間程度で収まります。
しかし、何度も繰り返しているうちに悪化すると、少しでも動かそうとした時はもちろん、
安静にしてても激しい痛みがあり、就寝中も痛くて寝返りが困難になります。
レントゲンにより石灰沈着が確認されることもあります。
 
2~3日様子を見ても症状が改善しなかったり、悪化しているようでしたら、
早めに治療を受けた方がいいと思います。
 
肩甲骨の動き(屈曲) 肩甲骨の動き(外転)
↑左:手を前に挙げた時の肩甲骨の動き/右:手を横に挙げた時の肩甲骨の動き
 
背部筋① 背部筋②
↑背中の筋肉
 
上の図のように腕を動かす時には肩甲骨も動きます。 
肩甲骨は肋骨と結合せず、周囲の筋肉や靭帯に吊り下げられて浮かんでいるような状態です。
 
いわゆる“猫背”のような、だらしない姿勢により肩甲骨周りの筋肉が引っぱられて伸ばされたり、
緊張して縮んだりして正常に機能できなくなると、肩甲骨の動きが悪くなるので
それに合わせて肩甲骨と上腕骨頭の接している位置をずらして腕を動かすようになります。
 
職業(例:調理師や理美容師)やスポーツ(例:野球やテニス、水泳)などで手や腕を
酷使したり、肩と連動して動く肘や手首の問題が原因になっている場合もあります。
 
 
病院ではほとんどの場合、電気治療器やマッサージ、アイシングなどで治療し、
痛みや炎症を抑える薬が処方されます。
重度の場合は関節内に注射を行なうこともあるようですが、それでも痛みが軽減しない場合は
内視鏡による手術を勧められることもあるようです。
 
 
当院ではまず始めに痛みや炎症を抑えるために、どの筋肉が痛みや炎症を起こしているかを
特定し、それに対して効果的なキネシオテーピング療法を行ないます。
その後で肩甲骨周りの筋肉に問題を起こしている原因となる背骨の歪みを矯正し、
さらに肘や手首にも問題がみつかれば併せて治療します。
肩関節周囲の筋肉はもちろん、軟骨や靭帯、関節包(=滑液包:かつえきほう)、血管にも
繋がる腕神経叢(わんしんけいそう)、腋窩(えきか)神経、肩甲上(けんこうじょう)神経が
その通り道で圧迫されていると、筋肉の過緊張や関連痛、治癒を遅らせる原因になるので、
圧迫されている所があれば、末梢(まっしょう)神経マニピュレーションも併せて行ないます。
 
 
肩の痛みはほとんどの場合、安静にしていれば数日で自然に治るので、そのままにしておいたり、
治療を受けても痛くなくなったら、そこで治療をやめてしまったりすると
根本的な原因はそのまま残っているので、何度も繰り返したり繰り返しているうちに
だんだん悪化したりします。
 
肩の痛みがなかなか改善されない方、または良くなったり、悪くなったりをくり返している方は
ぜひ一度03-3414-7206までご相談ください。
 ⇒【今週の予約状況】 
 
 
※文中の一部 画像はteamLabBody様の許可を得て、掲載しております。
著作権はteamLabBody様にありますので、当院ブログからの転載・二次利用などは
堅くお断りいたします。
 
身体の歪みや肩の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ