*スマートフォンでは、横向き画面で
ご覧いただくことを推奨しております。

ホワイトテープ

一般的にテーピングというと、上の写真のような白い伸縮性のないテープを使って
足首や膝などの関節を固定するイメージがあると思います。
伸縮性のあるテープを使っていてもサポーターのようにグルグル巻いたり、
関節を締め付けるように貼っているのをよく見かけます。
 
それに対してキネシオテーピングは、皮膚の表面にテープをただ貼っているだけなので、
「なんでこんなペラペラなテープを貼っただけで効果があるのか?」や
「薬が塗ってあるわけじゃないのになんで効くの?」などと聞かれます。
 
人体の膜構造
キネシオテーピングの最大のポイントは、人の身体が何層にも重なった膜によって
形作られていると考えているところにあります。
上の図のように人の身体を何重にも重なった風船(赤)としてイメージしてください。
それぞれの風船は一番外側から皮膚→脂肪→筋膜→筋肉→骨膜(靭帯など)→骨
を表しています。
風船の間には空気ではなく、液体(水色)で満たされています。
この液体は風船同士がくっついて動きが悪くならないようにする
潤滑油の役割を果たします。
この潤滑油の役割をしているのが、血液やリンパ液です。
 
人の身体では膜の間を血液やリンパ液が循環していて、栄養を供給したり、
疲労物質や老廃物を排泄したり、
さらには膜同士が擦れないように動きを滑らかにしています。
血液やリンパ液がちゃんと循環していれば問題はありませんが、
重力や姿勢、動作などによって膜が引っぱられて伸ばされたり潰されたりすると、
膜の間にある隙間が狭くなるので、膜同士が擦れてしまい
摩擦による熱が発生して炎症を起こします。
さらに筋肉・筋膜・皮膚の中にある痛みを感じとるセンサーが刺激され、
痛みを感じるようになります。
これが炎症や痛みが起きる仕組みです。
 

キネシオテーピングでは、専用の伸縮性テープで問題の起こっている部分だけを
包むようにして貼ると、その部分の皮膚を持ち上げて膜の間に隙間を作ることができます。
その隙間にリンパ液が流れ込み摩擦が緩和されると、痛みを感じとるセンサーへの刺激が
小さくなるので、炎症や痛みは抑えられ、身体に元々備わっている自然治癒力が
発揮できる状況を作り出せます


↑例:腓腹筋(ひふくきん)のキネシオテーピング

当院の治療は、基本的にカイロプラクティックによる矯正とキネシオテーピング療法
併せて行なっています。
筋肉や靭帯を傷めてしまった場合には、上記のようにキネシオテーピングにより、
患部の血液やリンパ液の流れを
改善することで、痛みや炎症を抑え、
さらに栄養の供給や老廃物の排泄を促し、早期回復を助けます。
 
身体が本来あるべき正常な状態に矯正しても、伸ばされたまま正常に機能できなくなってしまった
筋肉や靭帯が、身体をそのままの状態で保てないと、歪みはすぐに戻ってしまいます。
また、縮んだまま正常に機能できなくなっている筋肉が骨を引っ張ってしまうと
歪みの原因になります。
そのため、問題のある筋肉や靭帯をみつけて、キネシオテーピングにより
元の正常な状態に戻すと、
身体は歪みにくくなります。
 


↑例:椎間板ヘルニアのキネシオテーピング

その他にも神経や椎間板にキネシオテーピングを行なって、痛みやしびれを緩和するような
特殊な使い方もしています。
 
テーピングはスポーツ選手がけがをした時やけがを予防するために使うものだと
っている人はたくさんいます。
しかし、たとえ激しいスポーツをしていない人でも毎日何時間もの間、
重力に逆らって同じ姿勢で居続けるために筋肉を使っています。
痛みがなくても正常に機能できていない筋肉があると、体のバランスが崩れ、
さまざまな問題を引き起こします。
 
キネシオテーピング療法はもともと日本人のカイロプラクターが
「どうして身体が悪くなるのか」という疑問や「施術の効果を長続きさせたい」
という想いから開発したものなので、当院のモットーである
『体の悩みを原因から改善&予防するお手伝い』のためには
カイロプラクティックと併せて行なう必要があると考えています。
 
怪我などで傷めてしまった部分がなかなか治らない方、普段から姿勢が悪いのが
気になる方など、治療だけでなく予防としても効果がありますので、
ぜひ03-3414-7206までご相談ください。
 
 

〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こり・腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターヘ